熊本城ギャラリー
熊本城フォトコンテスト2015「春」

熊本城の概要

優美な石垣と自然の地形を活かした名城

日本三名城のひとつ熊本城は、名将加藤清正(かとうきよまさ)が幾多の実戦の経験を生かし、慶長6年(1601年)から7年の歳月と、心血を注いで築城したものです。
大小天守閣をはじめ、櫓(やぐら)49、櫓門18、城門29を数え、城郭の広さは約98ha(東京ドーム21個分)、周囲約5.3kmにも及ぶ豪壮雄大な構えで、清正流石垣と呼ばれる優美な石垣と、自然の地形を巧みに利用した高度な築城技術で知られています。

加藤家2代、加藤家の後に入場した細川家11代の居城として続いた後、明治になり廃城となりました。
西南戦争では薩摩の大軍を迎えて、50余日の籠城に耐え、不落の名城として真価を発揮しましたが、総攻撃の3日前、原因不明の火事により天守閣や本丸御殿(ほんまるごてん)など主要な建物を焼失してしまいました。焼失を免れた宇土櫓(うとやぐら)など13棟の建造物が国の重要文化財に指定されています。

長い間天守閣のないままでしたが、昭和35年(1960年)に、1市民の5,000万円もの浄財を基に、約1億8,000万円をかけて、念願の天守閣が鉄筋コンクリート造りで外観復元。平成20年(2008)年には豪華絢爛な本丸御殿が復元されました。現在も櫓、御殿などの主要な建物を木構造で復元する事業が続けられています。
またサクラの名所「日本さくら名所100選」にも選定されており、近年ではお城祭りや熊本城おもてない武将隊の登場で国内外からの入場者も増加。2013年からはトリップアドバイザー「行ってよかった日本の城」一位に連続して選ばれています。

熊本城は都心部にありながらも、広い敷地と城郭をもった緑あふれる環境を維持し続けており、周辺には「桜の馬場城彩苑」や、昔ながらの佇まいや暮らしがが残る城下町も残っています。熊本城は今もその美しい姿で熊本の発展を見守り続けているのです。